本文へスキップ

無肥料・無農薬・無堆肥栽培のスリーエフ農法【公開文集】
FF-farming society for researches and investigations


これからの生き方は way of life


  1. これからは天につながり、
    宇宙エネルギーが働き、奇跡の時


  2. 大自然と同調する生き方を
    実践してみませんか


  3. これからは、4次元(多次元)
    科学の時代では

  4. 人は、なぜ生まれてくるのか

  5. 気づけば、幸せ
    1. 各次元に通じる生き方 4次元 〜客観視〜
    2. 5次元 〜起こること全部に感謝〜
    3. 6次元 〜他人のことは気にしない(無執着)〜
    4. 7次元 〜お任せ〜
    5. 8次元 9次元 〜人はどうしたら光のレベルに〜

      (藤野順弘)

  6. 感謝からはじまる

  7. 生き方のプロとは

  8. テレビでみましたが・・・お任せの生き方







1.これからは天につながり、宇宙エネルギーが働き、奇跡の時
             (平成20年2月27日)


今の世の中は何故こんな風になってしまったんだろう、との思いはほとんどの方がお持ちではないでしょうか(ひとの心と環境が)、そのうえ、天候までおかしくなってきています。

このような世の中をどういった生き方で乗り切っていけばよいのか迷いや不安を抱えていらっしゃる方も多いと思います。ところが「こんなに楽で、良い事ばかりで、嬉しく楽しく幸せ」な生き方ができるのです。

表題の通り、天と繋がり、宇宙エネルギーに働いてもらえば。これは全く難しい事ではなく、ごく簡単です。それには我々が「自分が大事だから他人も大事。自分が喜んでいただくと嬉しいから、他人の喜びに役立ちたい」という生き方をして、どんな事にも感謝し(一見自分にとってどんなに悪い嫌な事と思われることでも感謝のできない事はないのです)、他人のことを気にせず、自分のことを天に任せてしまうのです。

この生き方をすればする程、楽になり、人に自分が幸せだと他の人にも幸せになってもらいたいという思いになります。そうなると、他人に喜んでもらうと嬉しいから天に感謝するし、感謝すればする程、よい事が起こり続けるという法則で、こんな幸せでよいのだろうかとなるわけです。

ここまで来ると、宇宙エネルギーが働き続け、奇跡的な事が起こりだします。例えば車の排気ガスの無害化、カップの中の飲み物が持ち主にとって無害化、ハウスの中の暖房機の煙突を外しても作物に害が全く出ないとか、農薬、肥料、堆肥を全く使わず作物が出来続ける。お金が必要になるときには必ず用意される等、不思議な一見奇跡的な事が続発し始めます。

病気も本来は読んで字の如く、気持ちの持ち方で起こっているわけですから、宇宙エネルギーの働きにより一瞬にして驚くほど良くなったり、思ってもいない方法で良くなったりします。天候も味方となり、車に乗車中は雨でも、下車した時は降られない、車で駐車場に入ったら、目の前で空く・・・・等々、目に見える形で天の応援を頂けるようになります。

これからは決して特別な事ではなく、総ての人に平等に起こり得ます。さあ、皆さん、この世が極楽である事を実感しようではありませんか。

我々は、どんな台風が来ても、台風の目の中の生き方が出来るのです。
 

→宇宙エネルギーの活用事例

→これからは、4次元(多次元)科学の時代では






2、大自然と同調する
   生き方を実践してみませんか?

          (平成23年3月17日)       


大自然と同調する生き方(人間は大自然の一員であり、大自然は愛そのもの)をすると・・・
イノシシ
田・畑では
猪や鹿が田の畦を歩き、作物はよけて通り(周りではワナを仕掛けている)作物を荒らさず、鳥は日陰のミカンのみ食べてくれます(三重県)

ジャンボタニシが稲を食べず、雑草を食べてくれ、今年はジャンボタニシが多いところほど米の収穫量が多かった(熊本県)

私共の畑では、この冬の寒さにもかかわらず、緑がいっぱいでまるで春のようです。(三重県)

【追伸】消費者の方から・・・うちの4歳の子どもは何も教えないのに、食べる前に拍手して食べ、食べた後におじぎをしていますとの報告を頂きました。

機械が判断
用があって何日も家を留守にして、落ち着いた時FAXがほとんど入っていないので診てもらったら、こわれていると言われたのですが、主人の仕事の依頼は全部入っていました。(静岡県)

工場の精密加工をする機械の精度が上がり、加工面が滑らかになり、納入先に喜ばれています。(茨城県)

食品が美味しく
お酒が・・・当社製造数日後の泡盛が他社の泡盛より美味しいと言われています。(沖縄県 泡盛メーカー様)

醤油が・・・美味しいとされている当社の醤油がより柔らかく甘味が増し、一層美味しくなりました。(福山 醤油メーカー様)

従業員が変わる
納期ぎりぎりの注文が入ると間に合わないからと従業員が勝手に断っていたのですが、せっかくの注文だから、なんとかしようやに変わってきました(茨城県 某社)

いままで不満や苦情ばかり言っていた社員が、ありがとうと感謝を言い出したのには驚きました(三重県 某社)








日常生活にこんな変化が

以上は、大自然と同調する生き方を実践している方々の日常生活にこんな変化があったという報告です。こうした生き方を実行してみようではありませんか!

大自然と同調する生き方には、人間は、我欲を持っていますが、大自然は持っていません。人は持っていても使わず、愛を持って生きる生き方です。



4.人は、なぜ生まれて来るのか?
        (平成21年7月27日)

まず、我々(人)は転生を繰り返していることを知ることが必要です。それは、

1、初めて会ったのに懐かしい、初めてでない感じのする人に会うことがある。
1、初めて来た場所なのに懐かしく、知っている気がする。
1、地図を見て、なにか気にかかる地名がある。

(テレビでは、実在の人の転生が紹介されました)

以上のことは前世や過去世の体験によると考えられるのでは。
では、なぜ人は転生をするのか?

我々に、なんで自分にこんな理不尽なことが来るのかとか、自分ばかりにこんなことが次々起こるのか、ということがありますが、これを説明するのに大阪の坂田さん(催眠術をかけて魂を呼び出して聞くことが出来る人)によると、魂は全部の理由を説明するそうです。

ということは、人に起こることは、どんなことでもほとんどは理由があるということです。

それで、人は転生を繰り返しており、人は生まれるチャンスを頂いたとき、魂はいままでの体験を全部知っているので、今度はこんな体験をしたい、こんな情報を知りたいと願って、親を選んで生れてくるそうです。

ですから、我々は舞台の役者で、人生が終わるとき舞台と役者を十分楽しみ、生まれてきてよかったと感謝して死ぬのがよいそうです。
分岐点
舞台とは、自分の環境であり、役者は自分の性格や能力であり、そうするといまの自分の人生は自分の願った最高の人生とわかり、そうなると、「あの人がうらやましい」は、全く無くなる。

そして、坂田さんのいうには、10人が10人、100人が100人、あるひとつの事はかならずそうである。それは死んだときに「神様のところに行きたい、光になりたい」というそうです。

なりたい光・・・・・神様のところとは、千葉の実藤さんのおっしゃるには、この世3次元、あの世は4−5−6−7−8−9次元とあり、あの世は魂のレベル別であり、レベルが違うところの魂とは永久に会えないそうです。

光→神様のレベルは8次元、9次元のところだそうで、我々人は生きているときの魂のレベルに死んだときに即、行くそうです。そうすると、生きているときに、如何に光のレベルになるかということが大事になります。








世の中が変わる農業をしませんか

人に良い物(心と身体に)を作る
人ほど、また欲の無い(使わない)
人ほど増収します。
(奇跡の時代の始まりです)



 



5.気づけば、幸せ
  1. 各次元に通じる生き方 4次元 〜客観視〜
  2. 5次元 〜起こること全部に感謝〜
  3. 6次元 〜他人のことは気にしない(無執着)〜
  4. 7次元 〜お任せ〜
  5. 8次元 9次元 〜人はどうしたら光のレベルに〜

    (→→→ 別ページでの掲載になります





6.感謝から はじまる 
 (平成14年9月1日)
 
 


幸せな気持ちの波動が転写する

農薬も、肥料もいらない。「嬉しい、楽しい、有難い、」という想いを農家さんが気づけば農家さんが幸せになります。この幸せな気持ちが波動になって作物に転写されます。食べた人もそうなる。栽培法よりもこれに気づくことが作物を活かすことになり、地球を救うことになります。作物としても今までにない立派で美味しいものになり、不思議と体にいい。

 私がそれに気づいて毎日「嬉しい、楽しい、有難い」と思っているうちに何にも難しい事はない。毎日が天国になりました。農家さんも消費者さんもこれは同じなんですね。単純明快、どなたの目の前にも転がっていることなのに、皆さん気づかなかっただけなのです。

そう思って生活すると、どんどん変わってくる。これを私は天から教えられました。見せられた。私が良くなった、全てに。これはどうも宇宙の法則らしい。「頭が悪く単純で、そそっかしくて鈍感な私です」と、私は天につたえてありますから、難しいことは言ってこない。


乗り越えられないことは何一つない。

基本はものごと「感謝」ですね。私たちは転生を繰り返しています。人をなぐったら相手から殴られるのは当たり前で、理由がなくてなぐられるのは、生まれる前のカルマのせいとわかる。分かればありがたいのです。

魂はどこでどんな体験をしてきたか知っているから、生まれる時に次はこうしたいと思って設計して親を選んで生れてくるそうですから、そうすると魂の設計も乗り越えられないことは何一つない。


喜べば、喜びがくる

口惜しいこと、辛いことがあっても、気づいて感謝すれば自分が楽になるのです。この世には「喜び神」という神様がいるそうで、我々が「有難い」と喜ぶと、喜びを集めて喜びに来るという。プレゼントがくる。

「ああこれはタマタマだ」と言っていると喜び神はタマタマにして終わってしまう。だからさがして感謝すると、どんどん集まってきて極楽になります。不安や心配を持たないで喜びに変える。簡単な原則です。


我や、欠点は、あってもいい・・・使わなければ

宗教は得てして「愛を」とか、「我をなくせ」といいますが、「我」はなくせっこない。あっていいけど使っちゃいけない。気が短くてカッとなる人は切れそうになったらトイレに行って空気をぶんなぐって気を収めて帰ってくればいい。世の中には頑張る人が多い。「こんなに頑張っているのに」と、「・・・のに」が出てきます(「・・・のに」が出ると「愚痴が出る」)。そうではなくて頑張れて有難いと思わなくてはいけない。

欠点があってもいい。これは魂が設計しているからなくならない。欠点の裏返しは長所ですよ。欠点を取り去ったら長所もなくなっちゃう。ある農家さんが話をしているうち奥さんが「私、根性悪いから」といったので、ビックリした。自分で認めて人に話するのはいいんです。

私が「単純で鈍感で能力全くありませんから」というのと同じで、じつは楽なんです。

気がつくと、この世は楽で天国です。これ人様にお話しして嬉しい、楽しい、有難いといっているうちに天上とつながってうまくいくようになった人が何人もいます。宇宙は平等で差別はありませんからね。原則は同じです。


ハウス暖房機の革命

じつは私共(藤野商店)は、ネポン株式会社(旧熱ポンプ工業株式会社)の昭和40年発売のハウス加温機を取り扱ってきまして、20年間で1万台以上農家さんに納めました。
まぁ、当時の施設園芸農業に貢献してきたと自負していますが、反面、冬場の暖房機によってハウス内の空気の汚れがありました。これを何とかしたいと思い続けていましたが、これが解決したんです。

いま現場テストを終わって、メーカーテストの段階に入りました。これでハウス内に煙突なしの暖房機が作られるわけで、ハウス内は空気が汚れないし、省エネになります。自動車に応用すると、エンジン音が軽くなって有害な排気ガスのあの嫌な臭いも消えます。







7 生き方のプロとは? 〜 ダメ出し 〜 2006.9.4

 現在、イタリアにて、各国のメーカーから新車のデザインの依頼が殺到する名門デザインスタジオの責任者として活躍している日本人が言っておりました。

以前、「楽しい仲間どおしでワイワイガヤガヤ、快適な」職場づくりをしましたが、そこから素晴らしいデザインは生まれてこずじまいでした。そこで、今は、各デザインをたたいてたたいて、ダメ出しをする。すると、いくらたたかれても倒されても起き上がって来たデザイナーからは、本当に素晴らしいデザインが生まれるのです。ですから私は徹底的にダメを出し続け考えさせる。プロというものは人の為、明日の為にあるのだからと。

これを人の生き方でみると、「自分は正しい、悪いのは他人」これは本人にとって一見楽な考え方だと思われます。が、自分に来る事、起こること、湧いてくる思い、全てにダメを出し、起こることは全て自分に原因があり、悪いのは自分だと気が付くと、人は本当に楽になります。

こうして自分にダメを出しながら、心のレベルを上げていきますと、さらに楽になり、その結果、人に喜びを渡せ(=人の為)、明日がより良くなる(=明日の為)だということになります。まさにこの生き方こそ、人のプロとしての生き方であと教えて頂いたわけです。

プロとしての生き方をしていれば、そこから生ずる「素晴らしいデザイン」=「その時必要な事」は、修行勉強などしなくとも、プレゼントとして頂け、さらに心のレベルを上げることにより、奇跡的な事を頂けるようになるのだということを。まさに不思議ワールドです。いかがでしょうか



8 テレビで見ましたが・・・ギャップイヤー  2006.9

脳科学者である茂木健一郎氏が、英国留学した時に、知った「ギャップイヤー」について、NHKのテレビで話していました。

それは、高校から大学に入学するまでは9か月間入学を猶予でき、大学卒業から就職までは、1年間就労を猶予できるというシステムで、それだけの空白期間が持てるというものでした。(ちなみにチャールズ皇太子は、南米でボランティアをしていたそうです)

この空白期間があると、脳は、その空白を埋めるために、俄然働き出すというのです。

たとえば、このギャップイヤーの内にダーウィンは南米のガラパゴス諸島でで進化論の糸口を得、ニュートンも万有引力の法則に思い至ったそうです。

これらギャップイヤーの導入例から見るように、人は、常に一生懸命頑張り続けるだけではない、ということですが、では、私共の取り組んでいる「お任せ」の生き方はいかがでしょうか?



■FF(スリーエフ)農法
■真性野菜生育法

藤野順弘 公開文集

■FF農法は、宇宙エネルギー、光、水、土と自然の微生物とで作物を作り、それを栽培する農家は全てに感謝し、大自然と協調し、収穫物は身体を温め、心軽く元気になり、上薬たる野菜作りを目指します。

■食は人の心と身体を創ります■


此の農法を始めますと、作物は聞くと返事をし、鳥は日陰のミカンを食べ、猪や鹿は田の畔を歩き、作物を避けて通ります。又食べた人は身体と心が温まり、元気になります。


このサイトは、故・藤野順弘氏の提唱したスリーエフ農法ならびに真性野菜生育法について、藤野氏の依頼により、これまでメディア掲載されたものと、実施農家に提示された資料等を集約し構成されています。

このサイトは、非営利で運営されています。農産物の販売・仲介活動は行っておりません


URL http://ffnouhou.com/